MEMBER INTERVIEW

社員インタビュー

カスタマー事業部 / 商品開発部

社員インタビュー/ Interview

モットンで働く社員をご紹介します。
モットンに入社した理由やモットンで働くことについて、
実際に働く社員の声をご覧ください。

カスタマー事業部

なぜ、常に進化する事ができるのか?

カスタマー事業部
中島 茉莉香

私の仕事はカスタマーサポートです。

本来、お客様の電話応対、メール対応がメイン業務ですが 当社では一味も二味も異なります。

それは、商品を作ってるのは私だからです。

実は、モットンの開発環境に秘密があり、社長に直談判して 反発力の測定に欠かせない高価な体圧分散測定器をはじめ、様々な測定器を工場や商品開発部だけではなく、お客様のサポートをするカスタマー事業部にも設置してもらっています。

 「商品は工場で作られてるのではない。現場やお客様の声で作られている」

弊社の強みは、スタッフ一人一人が自発的に「お客様を笑顔にしよう!」と考えて行動している事だと思います。

小さな会社なので、部署ごとの壁はなくプライベートでも仲が良い。

だからこそ、お客様の悩みを聞いた カスタマー事業部が商品開発部にすぐさま共有する。

そしてすぐに製品に活かす。

海外視察や工場視察の際も、幹部だけでなくカスタマー事業部も同行する企業はきっと当社だけだと思います。

お客様と商品開発部のメッセンジャーとして、私たちは誇りをもって日々励みます。

882
keisoku

商品開発部

ito00
foam

モットンジャパンに入社したきっかけ

商品開発部 本部長  伊藤 貴啓

私自身、腰に違和感があり様々な製品を手にとっていた時期があります。その中の一つがモットンでした。

実際に使ってみた事で、素材一つ一つのこだわり・奥深さを感じ、自分自身も「人を喜ばす側」に回りたいと思ったのが決め手でした。

はじめのうちは、思った通りの製品が開発できず、悔し涙を流しながら徹夜で検証・研究の繰り返し。

今では、懐かしい思い出です。自信を持って言えるのは僕が初めて手にとった時のモットンと、今のモットンとでは大きく異なります。

間違いなく成長している。自信を持ってそう言えます。

 今後のモットンについて

「もっともっと」を常に追求し、お客様により喜んで頂ける製品にしていきたいと思っています。

当社では、数多くの会議があります。中でも一番緊張感あるのが「もっと↑ミーティング」 通称「モットミ」と呼ばれる会議で月1度、各部署のトップが集結し4.5時間ノンストップで 議論を繰り返します。

お客様も悩んで他社製品と比較し当社製品をご購入頂いてるのだから、私達もとことん 悩み、生まれた最高の製品を提供する事を目的とした会議。

妥協は一切許されません。

その会議の中で生まれたのも、NASAのために開発された「高反発ウレタン」という素材。今ではモットンの代名詞ともなっています。

RECRUIT

採用情報

カスタマーサポート部、商品開発部のメンバーが

その仕事の魅力を話してくれました。